このページはシルバーバーチって何?と言う方のために作りました。
スピリチュアリズム・サークル「心の道場」様からの記事を抜粋させていただいております

             シルバーバーチの歴史

 シルバーバーチとは                                                                        シルバーバーチ(Silver Birch)は、英国において1920年から約60年間に渡って、人類最高の宝である「霊的真理」を語り続けた霊界の メッセンジャーです。今から3000年ほど前に地上生活を送ったという、霊界でも指導的な立場にある霊団の高級霊です。
 このシルバー バーチから届けられたメッセージは、その後「シルバーバーチの霊訓」として知られるようになり
 現在でも世界中で愛読され、人々に勇気 と感動を与え続けています。

  「私たちがお届けするメッセージには重大な目的があるのです。世界中の人間に例外なく宿る宇宙の大霊、すなわち神の崇高な資質を  顕現させることを目的としているのです。
  まず第一に、人生を支配している法則――物的生活・精神的生活・霊的生活を支配している法則の存在を説かなければなりません。

  続いて人生の目的、地上に生まれてきた理由、内部に宿るすばらしい能力、潜在的神性、人間に為しうる貢献度、目指すべき理想的世  界、身につけるべき知識、到達できる極致を理解させなければなりません。

  私たちの説く真理は、最後は地上のすべての人間、それも地上に生きているうちに実生活に応用することによって実地に学ばせるため  に、地上のすみずみに至るまで広められるべき使命を担っているのです。」

  『古代霊シルバーバーチ 不滅の真理』(ハート出版)  p.160

                     「シルバーバーチ霊言」誕生まで
シルバーバーチの決意                                              シルバーバーチの地上への働きかけは、シルバーバーチ自身が打ち明けているように、高級霊界の神庁において、ある要請を受けたことから始まります。

それは、「地球人類の霊的浄化」(スピリチュアリズム)の一環として可能な限り地上圏に近づき、指導霊のメッセンジャーとして「霊的真理を語ってくれないか」というものでした。その役目は高級指導霊の教えを、一人でも多く、受け入れる用意の出来た地上人に届けることでした。

この歴史的な仕事を成し遂げるために、シルバーバーチはまず「シルバーバーチ霊団」を組織し、同時に霊的真理を地上にもたらすために必要な霊媒をさがすことになりました。

そして「霊界の記録簿」を調べ、これから誕生する人物のうち、この仕事に最もふさわしい者を選び出したのです。それが、実際に地上の霊媒となるイギリス人「モーリス・バーバネル(Maurice Barbanell)」です。

シルバーバーチはバーバネルが母体に宿る瞬間から彼を見守り、その使命を果たすための「霊言霊媒」として、育て上げる準備を始めたのです。

  *「シルバーバーチの霊訓」は、この「モーリス・バーバネル」だけを専属の霊媒としています。
   他の霊媒が代わって使われるということはありませんでした。
   バーバネルは、この仕事のためにシルバーバーチ霊団によって準備された霊媒でした。
   シルバーバーチはその性格やクセ、特徴を全て知り尽くし、まさに手塩にかけて彼を養成したのです。

 霊媒「モーリス・バーバネル」と「シルバーバーチ霊言」の誕生                       
   「モーリス・バーバネル」は、ごく普通の人間でした。特別な霊的体験を持っていた訳ではありません。
   彼は無神論者で、宗教や信仰を嫌悪する傾向すらありました。バイブルは一度も読んだことがありませんでした。
   
   彼が初めて霊的なものと関わりを持つきっかけとなったのは、18歳のとき無報酬で司会役を務めていた社交クラブでのできごとでした

   ある日、そのクラブの講演者がスピリチュアリズムの話題を持ち出したのです。バーバネルは、彼の役目として講演の内容にかかわら   ず反論することになっていました。

   しかし、その日に限って彼は反論する気になれず、「こうした問題にはそれなりの体験がなくてはならない。従ってそれをまったく持ち合   わせない私の意見では価値がないと思う」と言ったのです。そして講演が終わった後、バーバネルはその講演者から「交霊会」に出席   することを勧められたのです。

   バーバネルは婚約中のシルビアと共に、ロンドンの貧民街で催されていた交霊会にひやかし半分で出席しました。
   ブロースタインという中年の女性霊媒の交霊会でした。当時のバーバネルは、その霊媒の口を借りて代わるがわる霊たちが話す様子   を見て、ばかばかしいと思っていました。しかし、2度目に訪れたこの交霊会の場で、彼はうっかり居眠りをしてしまったのです。

   バーバネルが目を覚まし、あわてて謝ると「あなたは居眠りをなさっていたのではありません。インディアンがあなたの口を使って話し    ましたよ。

   あなたの指導霊が名前を名のってから、今日までずっとあなたを指導してきて、間もなくスピリチュアリストの集会で講演するようになる   と言っておられました」と、すぐ隣の出席者から聞かされたのです。

   これが霊界で約束したバーバネルの本当の仕事の始まりでした。
   そして、ここから約60年間に渡る「シルバーバーチ霊言」の歩みが始まることになるのです。

  「ずいぶん前の話になりますが、他の多くの指導霊と同じように私も、地上圏に降りて協力者の一団を集め、霊的メッセージを地上界へ  届ける仕事を引き受けてくれないかとの懇請を受けた時、私はそれを使命としてお引き受けしました。

  そのためにはメッセージを受け取ってくれる霊媒を探し出す必要があることも知らされました。
  そこで私は霊界の記録簿を調べ、この霊媒に白羽の矢を立てました。

  それはこの霊媒がまだ母胎に宿る前の話です。私はその母胎に宿る一瞬を注意深く待ち、いよいよ宿って自我を発現し始めた瞬間―  ―と言っても、まだほのかな明り程度のものに過ぎませんでしたが――から私なりの影響力を行使し、今日まで続いている一体関係が  その時から始まったのです。

  私はこの人間の霊とその小さな精神の形成に関与しました。誕生後も日常生活のあらゆる側面を細かく観察し、互いの一体関係を促  進し、物の考え方や身体上の癖を呑み込むように努めました。つまり私はこの霊媒を霊と精神と肉体の三面から徹底的に研究したわけ  です。

  次に私がしなければならなかったことは、この霊媒を霊的真理の理解へ向けて指導することでした。まず地上の宗教を数多く勉強させ   ました。そして最終的には彼はそのいずれにも反発を覚えて、いわゆる無神論者になってしまいました。
  が、それはそれなりに当人の精神的開発にとって意味があったのです。これで霊言霊媒となるべき一通りの準備が整いました。

  ある日私は、周到な準備のもとに初めて彼を交霊会へ出席させ、彼の口を使って私の意思を発言してみました。いかにもぎこちなく、内  容もつまらないものでしたが、私にとっては実に意義深い体験だったのです。
  その後は回を追うごとにコントロールがうまくなり、今ご覧の通りにまでなりました。今ではこの霊媒の潜在意識に邪魔されることなく、私  の考えを百パーセント伝えることが出来ます。」

『シルバーバーチは語る』(心の道場)  p.22

*霊界側の霊媒(レッド・インディアン)                                                       シルバーバーチの霊界通信では、地上の霊媒だけではなく、霊界側の霊媒も準備されました。シルバーバーチ自身が高級霊界に所属  しているため、その次元からは直接地上界と接触を持つことができなかったのです。そこで中継役として、かつて地上時代にレッド・イン  ディアンだった霊の霊的身体が使われたのです。

  「私の名はシルバーバーチではありません。これは私がバイブレーションを下げて地上世界とコンタクトすることを可能にしてくれる一種  の変圧器の役目をしている、かつて地上時代でインディアンだった霊の名前です。

  いずれにしても名前はどうでもよいことです。私に関するかぎり名前は何の価値もありません。
  これまで一度も地上時代の名を明かした  ことはありません。                                             地上時代の私はレッド(アメリカン)インディアンではありません。このインディアンよりはるかに古い時代の別の民族の者です。
  霊的進化の末に二度と地上世界へ生身に宿って戻ってくる必要のない段階まで到達いたしました。

  (
中略)私にとって困ったことが一つありました。地上との接触には霊界の霊媒が必要だということです。
  私自身が直接地上の霊媒と接触することは不可能だったのです。それは、私が到達した進化の階梯と霊媒のそれとが違いすぎて波長  が合わないからです。そこで私はもう一人、変圧器に相当する者を必要としたのです。

  指導霊が用意してくれたトランスは地上でレッド・インディアンに属していた霊の霊体でした。私に授けられる教えを地上へ伝達するため  の中間の媒体として、それが一番適切だったのです。」

『シルバーバーチの霊訓(11)』(潮文社)  p.12p.13

                  世界に広がる「シルバーバーチの霊訓」                                  ハンネン・スワッハーの登場                 

   1920年から10年余りは、バーバネルのアパートの応接間で不定期に交霊会が行われていました。その頃は数人の知人や友人が    出席するだけで、霊言の記録も取られていませんでした。しかしその後、この交霊会に大きな転機が訪れます。

   当時「フリート街の法王」と呼ばれていた世界的なジャーナリスト「ハンネン・スワッハー(Hannen Swaffer)」がその会に出席したことで、    事態は一変したのです。

   シルバーバーチの霊言のただならぬ質の高さに感銘したスワッハーは、会場を彼の自宅に移し正式に「ハンネン・スワッハー・ホーム   サークル(Hannen Swaffer's home circle)」として毎週金曜日の夜に定期的に交霊会を催すことにしたのです。
   そして、その時から速記によって霊言を記録することになったのです。                                       
  *このホームサークルの記録が霊言としてまとめられ、『Teachings of Silver Birch(シルバーバーチの教え)』というタイトルで1938年    に刊行されました。その後、1993年までに16冊が刊行されています。  
           

  *シルバーバーチの交霊会が正式なホームサークルとして発足してから、スワッハーは各界における顔の広さを利用して、さまざまな人   たちをこの交霊会に招待しています。

   霊媒「モーリス・バーバネル」の職業は、当時のサイキック・ニューズ紙(Psychic News)とツー・ワールズ紙(Two Worlds)の主筆であり    社長でした。
   彼は、シルバーバーチの霊言をサイキック・ニューズ紙に掲載する際、大いに悩みました。それは「もしも自分がその霊媒であることを    打ち開ければ、霊言を掲載するのは私の見栄からだという批判を受けかねない」という思いがあったからです。

   そのため1930年代の初めには、霊言はまだサイキック・ニューズ紙に連載されていませんでした。
   しかし、嫌がるバーバネルをハンネン・スワッハーが、霊媒が誰であるかを絶対に公表しないことを条件に説得し、紙上に連載するよう   になったのです(その後1959年には霊媒がバーバネルであることも公表されました)。   

   しかしこうしたバーバネルの心配をよそに、「シルバーバーチの霊訓」は掲載当初から大反響となり、英国はもとより全世界にその存    在が知られ、愛読されるようになっていったのです。

             戦時下でも続けられた交霊会と、シルバーバーチの使命感              第2次大戦中は、あまりの戦火の激しさに霊的波長が乱れ通信回線が混乱して、時には連絡網が途切れてしまいそうになることもあり   ました。

   回線の補修をしながらどうにか通信を維持しているという状況でした。そのため霊団の中には「もう無理です。当分中止しましょう」と進   言する霊もいたようです。

   しかし、シルバーバーチは「地上人類は歴史上かつてない危機にひんしている。こうした時こそ私たちの存在意義がある」と主張し、週   1回の交霊会を決して休むことなく霊的真理を語り続け、その使命をまっとうしていきました。

  「雰囲気が悪いと、私と霊媒とのつながりが弱くなり、私と霊界との連絡も困難となります。
  わずか二、三本の連絡網によってどうにか交信を保つということもあります。そのうち霊媒が反応を見せなくなります。そうなると私は手  の施しようがなくなり、すべてを断念して引き上げざるを得なくなります。

  私は当初から、こうした問題が生じることは覚悟しておりました。一時は、果たしてこのまま地上との接触を維持することが賢明か否か   を、霊団の者たちと議論したこともありました。
  しかし私は、たとえわずかとはいえ、私が携えてきた知識を伝えることにより、力と希望と勇気を必要としている人々にとって、私の素朴  な霊訓が生きる拠り所となるはずだと決断しました。
  今、私は、もしも私たちがお届けした霊的真理が無かったら今なお苦難と絶望の中で喘いでいるかも知れない人々の慰めと力になって  あげることができたことを、うれしく思っております。」

『古代霊シルバーバーチ 不滅の真理』(ハート出版)  p.20

              シルバーバーチの歴史的使命感の終焉                                  モーリス・バーバネルの死                   1962年、シルバーバーチの霊訓を世界に広めた功労者ハンネン・スワッファーがこの世を去りました。
 彼の亡き後、ホームサークルの会場はバーバネルのアパートに移り、毎週行われていた交霊会は月1回となっていきましたが、シルバーバー チの霊言は変わりなく語り続けられました。

    しかしその後、「ミスター・スピリチュアリズム」と呼ばれた霊媒モーリス・バーバネルが1981年7月17日、霊界へ旅立っていきました。

    交霊会には欠かすことのできない存在だった彼の死によって、シルバーバーチの霊界通信は幕を閉じました。
    そして、霊界で綿密に計画され、地上で約60年に渡って続けられた歴史的な仕事は、終焉を迎えたのです。

                                    
 Kumikoブログへ戻る

IACAトップページアロマスクールアロマサロンフランチャイズ募集 | 会社概要アロマショッピング
IACA会員WEBページKumikoブログ | サイトマップお問合せ
Copyright(c) Aromaremedy All Rights Reserved